決算書の基礎、財務諸表の基礎が理解できる、ビジネスパーソンのためのビジネスに役立つ会計知識を提供

貸借対照表について

貸借対照表  

貸借対照表は、決算日時点における財産の状況(財政状態という)を示します。

貸借対照表1

貸借対照表は、資産、負債、純資産の3つに分類されます。
資産 = 負債 + 純資産となり、左側の合計と右側の合計は必ず一致します。
そのため、英語ではバランスシートといい、B/Sと略されることもあります。

  • 左側(資産)を借方といいます。
    • どのような財産を所有しているか(資金の運用形態)を表します。
  • 右側(負債、純資産)を貸方といいます。
    • 所有する財産をどこから調達したのか(資金の調達源泉)を表します。

貸借対照表の構造  

貸借対照表2

貸借対照表は、分類すると理解しやすくなります。

  • 貸借対照表は、資産負債純資産の3つに分類されます。
  • 資産は、流動資産固定資産繰延資産に分類されます。
  • 負債は、流動負債固定負債に分類されます。

流動・固定の区分  

流動・固定の区分方法は、正常営業循環基準と1年基準(ワンイヤールール)の2つです。

  • 正常営業循環基準
    • 企業の営業活動(購買→生産→販売→回収)の過程の中にある資産・負債は、流動に区分されます。
  • 1年基準(ワンイヤールール)
    • 正常営業循環基準が適用されない資産・負債については、決算日から1年以内に回収期限、支払期限を迎えるものを流動資産・流動負債とします。それ以外を、固定資産・固定負債とします。

記載の順番  

流動性配列法と固定性配列法の2種類があります。

  • 流動性配列法
    • 現金に近い順に配列する方法で、原則的な配列法です。
  • 固定性配列法
    • 電力会社、ガス会社など多額の固定資産を保有する業種で、例外的に固定資産から先に配列する特殊な方法です。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional