決算書の基礎、財務諸表の基礎が理解できる、ビジネスパーソンのためのビジネスに役立つ会計知識を提供

損益計算書について

損益計算書  

損益計算書は、一定期間(通常は1年)における会社の儲け(経営成績)を表します。

英語では、Income Statementまたは、Statement of Incomeと呼ばれますが、
日本ではProfit and Loss Statementの頭文字をとってP/Lと略称されることが多いです。

損益計算書の基本は、利益=収益−費用です。
この式で、利益がマイナスになる場合を損失といいます。

収益は、売上のように企業の価値を創造し、利益のプラス要因となるものです。

費用は、収益を生み出すために費やされた金額で、利益のマイナス要因となるものです。

収益と収入は異なります。
例えば、銀行からの借入は現金収入になりますが、収益にはなりません。
銀行からの借入は、返済義務があるため、負債に借入金として計上されます。
同様に、費用と支出も異なります。

損益計算書の様式  

損益計算書の様式は、下記のようになります。
法定の様式ではなく、簡易版です。

損益計算書簡易版

5つの利益が重要  

損益計算書では、利益は次の5つに分類されます。

  • 売上総利益
    • 売上総利益=売上高−売上原価
    • 売上総利益は、商売の大元の利益で、一般的に粗利と呼ばれます。
    • 売上高は、提供した商品、サービスの販売による収益です。
    • 売上原価は、仕入商品の原価または製品の製造原価のうち、販売された分に対応する金額です。
  • 営業利益
    • 営業利益=売上総利益−販売費及び一般管理費
    • 営業利益は、営業活動(本業)での利益を表します。
    • 販売費及び一般管理費は、販売及び一般管理業務に関連して発生した費用をいいます。例えば、広告宣伝費など販売のためにかかった費用や、販売及び一般管理業務に従事する役員や従業員の人件費などが販売費及び一般管理費に該当します。
  • 経常利益
    • 経常利益=営業利益+営業外収益−営業外費用
    • 経常利益は、本業以外の財務活動に伴う収益・費用(受取利息、受取配当金、支払利息)を含めた、毎期、継続的に計上される利益を表します。
    • 営業外収益は、本業以外の財務活動などによる継続的な収益をいい、受取利息、受取配当金、有価証券売却益、仕入割引などがあります。
    • 営業外費用は、本業以外の財務活動などによる継続的な費用をいい、支払利息、社債利息、有価証券売却損、売上割引などがあります。
  • 税引前当期純利益
    • 税引前当期純利益=経常利益+特別利益−特別損失
    • 税引前当期純利益は、臨時の損益を含めた、税金を控除する前の利益を表します。
    • 臨時の損益を除いた営業利益・経常利益を表示することにより、期間比較が可能になります。
    • 連結決算では、税金等調整前当期純利益といいます。
    • 特別利益は、本社ビルを売却したときの固定資産売却益といったような臨時的に発生する利益で、前期損益修正益、固定資産売却益などがあります。
    • 特別損失は、固定資産の減損といったような臨時的に発生する損失で、前期損益修正損、固定資産売却損、減損損失などがあります。
  • 当期純利益
    • 当期純利益=税引前当期純利益−(法人税、住民税及び事業税+法人税等調整額)
    • 当期純利益は、税引前当期純利益から税金費用を控除した、最終の利益です。
    • 日本では、営業利益や経常利益を重視する傾向があるが、アメリカでは当期純利益を重視しています。これは、当期純利益が株主資本を増やす源泉になり、配当の源泉になるからと考えられます。
    • 法人税、住民税及び事業税は、利益を源泉とする税金です。
    • 法人税等調整額は、税効果会計に伴い生じる調整項目です。

望ましい損益計算書  

売上高の大小よりも、利益が重要です。

財務分析の基礎でも説明していますが、収益性の代表的な指標として、
売上高売上総利益率(粗利率)売上高営業利益率があります。
これらの比率が高いほど収益性が高いといえます。

売上高売上総利益率(粗利率)=売上総利益/売上高×100(%)
売上高営業利益率=営業利益/売上高×100(%)

皆様の会社、または他社の比率を比較してみてはいかがでしょうか。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional