決算書の基礎、財務諸表の基礎が理解できる、ビジネスパーソンのためのビジネスに役立つ会計知識を提供

成長性分析

成長性分析  

売上高などの対前期比較を行うことにより、企業の将来への成長の可能性を
判断する為の指標です。

売上高が伸びているからいいというわけではなく、その伸び率以上に人件費が伸びていたり、
利益の伸びが売上高の伸びを下回る場合は注意が必要です。

成長性分析の指標  

  • 増収率
    • 増収率=(当期売上高/前期売上高−1)×100(%)
    • 売上高の前期に対する伸び率を表します。
  • 増益率
    • 増益率=(当期経常利益/前期経常利益−1)×100(%)
    • 経常利益の前期に対する伸び率を表します。
    • ここでは経常利益を使用しましたが、営業利益やその他の利益でも使用できます。

その他の指標  

その他の代表的な指標を記載します。

  • 1株当たり純資産(BPS)
    • 1株当たり純資産=純資産/発行済株式総数(円)
  • 1株当たり利益(EPS)
    • 1株当たり利益=当期純利益/発行済株式総数(円)
  • 株価純資産倍率(PBR)
    • 株価純資産倍率=株価/1株当たり純資産(倍)
  • 株価収益率(PER)
    • 株価収益率=株価/1株当たり利益(倍)
  • 配当性向
    • 配当性向=配当金/当期純利益×100(%)
    • 1株当たり配当金/1株当たり利益×100(%)でも計算できます。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional