決算書の基礎、財務諸表の基礎が理解できる、ビジネスパーソンのためのビジネスに役立つ会計知識を提供

純資産

純資産  

純資産とは、資産から負債を差し引いたもので、自己資本ともいいます。

通常は資産の方が負債より大きいのですが、逆に負債の方が大きい場合、
純資産はマイナスとなります。
この状態を債務超過といいます。

純資産の分類  

純資産は、株主資本評価・換算差額等新株予約権に分類されます。

株主資本は、株主により払い込まれた資本と、配当されずに留保された留保利益からなり、
資本金資本剰余金利益剰余金自己株式(控除項目)に分類されます。

評価・換算差額は、特定の資産・負債について評価替えを行ったときに、
損益計算書を通さず直接純資産の部に計上されるもので、
その他有価証券評価差額金繰延ヘッジ損益土地再評価差額金などがあります。

新株予約権は、ストックオプションのように会社に対して行使することにより、
会社の株式の交付を受けることができる権利をいいます。

望ましい貸借対照表  

経営資源を効率的に使用してリターンを上げる必要があることから、
スリムな貸借対照表が望ましいといえます。
持たざる経営と言われることもありますね。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional