決算書の基礎、財務諸表の基礎が理解できる、ビジネスパーソンのためのビジネスに役立つ会計知識を提供

収益性分析

総合的な指標  

収益性分析の前に、総合的な指標を見ていきましょう。

財務分析の総合的な指標としては、利益を資本(資産)の額で除した
資本利益率が用いられます。
この指標は、利益率で表される収益性と、回転率で表される効率性とを、
同時に表す指標であると解釈することができます。

収益性分析については、総合的な指標の次に、
効率性分析については、次ページで解説します。

総合的な指標  

総合的な指標として、次の2つを紹介します。

  • 総資本経常利益率(ROA)
    • 総資本経常利益率=経常利益/平均総資本(平均総資産)×100(%)
    • 企業が総資本をどれだけ効率的に使用して利益を獲得したかを示す指標で、ROA(Return on Assets)ともいいます。
    • 総資本経常利益率は、売上高経常利益率×総資本回転率に分解できます。
  • 自己資本利益率(ROE)
    • 自己資本利益率=当期純利益/平均自己資本×100(%)
    • 株主に帰属する自己資本ををどれだけ効率的に使用して利益を獲得したかを示す指標で、ROE(Return on Equity)ともいいます。
    • 自己資本利益率は、売上高当期純利益率×総資本回転率×財務レバレッジ(総資本/自己資本)に分解できます。

収益性分析  

収益性分析の指標としては、一般的に損益計算書上の利益の額を売上高で除した
売上高利益率が用いられます。この値が大きいほど収益性は高いといえます。

収益性分析の指標  

  • 売上高売上総利益率(粗利率)
    • 売上高売上総利益率(粗利率)=売上総利益/売上高×100(%)
    • 企業が提供する商品、サービスの競争力を示す指標です。
  • 売上高営業利益率
    • 売上高営業利益率=営業利益/売上高×100(%)
    • 企業の本業の競争力を示す指標です。
  • 売上高経常利益率
    • 売上高経常利益率=経常利益/売上高×100(%)
    • 企業の本業と財務活動を合わせた総合的な収益力を示す指標です。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional