決算書の基礎、財務諸表の基礎が理解できる、ビジネスパーソンのためのビジネスに役立つ会計知識を提供

試験の書籍

試験の書籍  

ビジネス会計検定試験  

最近、財務諸表(決算書)を理解する能力が求められており、こうした時代の要請に応える
形でスタートした検定試験で、財務諸表に関する知識や分析力を問うものです。
財務諸表を作成する能力を問うものではないので、簿記の知識を必要とするものではなく、
財務諸表を理解し、ビジネスに役立てることに重点が置かれています。
試験内容
3級:財務諸表とは、貸借対照表、損益計算書、財務諸表分析
   ※個別財務諸表から出題
2級:会計の意義と制度、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書
   キャッシュ・フロー計算書、財務諸表分析
   ※連結決算を含む
対象者
3級:一般社員、大学生、専門学校生、高校生、一般市民
2級:一般管理職、経営者・経営幹部、経理実務担当者、大学生

FASS検定  

FASS検定とは、経済産業省の「経理・財務サービス・スキルスタンダード」で標準化している
定型業務を対象とした、経理・財務実務のスキルを客観的に測定するための検定試験です。
対象者は、経理・財務部門の定型的実務に従事されている方、
これから経理・財務部門に従事しようとしている方となっています。
FASS検定の試験結果は、合否ではなくA〜Eの5段階のレベルで評価されます。
また、実務スキルを問う試験のため、経理財務経験の多い方が有利となっており、
年収や役職などと試験のスコアとの明確な相関関係が認められています。
したがって、FASSの高得点を目指して勉強を続けることは、
キャリアアップにつながります。

日商簿記  

簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を
記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。
簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、
財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につきます。
また、ビジネスの基本であるコスト感覚も身につきますので、コストを意識した仕事が
できるとともに、取引先の経営状況を把握できるために、経理担当者だけではなく、
全ての社会人に役立ちます。
日商簿記は、簿記に関する技能を検定する試験です。
経理実務を行うには、最低限、簿記2級レベルの実力が必要です。
簿記1級はレベルが高く、公認会計士、税理士などの国家試験の登竜門です。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional