決算書の基礎、財務諸表の基礎が理解できる、ビジネスパーソンのためのビジネスに役立つ会計知識を提供

財務分析の基礎

財務分析の基礎  

財務分析とは、決算書の数値を使って、様々な角度から企業を分析することです。

財務分析の知識を身につけると、自社、同業他社、取引先、投資先などの
経営状況が分かるようになります。

決算書の知識と同様、財務分析の知識も、ビジネスパーソンにとって、
必須の知識といえます。

分析のポイント  

財務分析には、以下の4つのポイントがあります。

  • 収益性分析
     企業活動により、どれだけの利益を獲得したかといった、
     損益計算書中心の分析です。
  • 効率性分析
     企業の資産、負債等をいかに効率的に活用し、収益を獲得したかという分析です。
  • 安全性分析
     どれだけ支払能力があるかといった、企業の健全性を判断するための
     貸借対照表中心の分析です。
  • 生産性分析
     従業員や設備などの経営資源を使い、どれだけの付加価値を生み出したかを
     分析します。
  • 成長性分析
     売上高などの対前期比較を行うことにより、企業の将来への成長の可能性を
    判断する為の指標です。

財務分析は一定の公式に基づいて行い、この公式のことを「経営指標」といいます。

財務分析にあたっては、以下の3つの視点で行うことが重要です。

  • 期間比較
     企業の経営指標を複数期間にわたり算出し、比較する方法です。
     最低でも2期分を比較する必要があります。
  • 同業他社比較
     自社と同業他社の経営指標を比較する方法で、同業他社に対する強み、
     弱みが分かります。
  • 標準比較
     経営指標の業界平均値と比較する方法です。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional