決算書の基礎、財務諸表の基礎が理解できる、ビジネスパーソンのためのビジネスに役立つ会計知識を提供

効率性分析

効率性分析  

企業の資産、負債等をいかに効率的に活用し、収益を獲得したかという分析です。

効率性分析の主な指標としては、総資本回転率、棚卸資産回転率、売上債権回転率
などがあります。

効率性分析の指標  

効率性分析の指標としては、回転率と回転期間があります。
回転率と回転期間は正反対の計算式になります。

つまり、
回転率 =売上高/対象科目
回転期間=対象科目/売上高 となります。

ここでは、回転率で説明します。

  • 総資本回転率
    • 総資本回転率=売上高/平均総資本(回)
    • 企業の総資本をどれだけ有効活用して、売上を計上したかを示す指標です。
  • 棚卸資産回転率
    • 棚卸資産回転率=売上高/平均棚卸資産(回)
    • 棚卸資産をどれだけ有効活用して、売上を計上したかを示す指標です。
    • 適正在庫を測るための重要な指標です。
    • 棚卸資産回転率は高い方がよく、在庫の回転が早いということになります。
  • 売上債権回転率
    • 売上債権回転率=売上高/平均売上債権(回)
    • 売上債権が現金化されるスピードを示す指標です。
    • 売上債権回転率がは高い方がよく、売上債権の回収スピードが早い
      ということになります。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional