決算書の基礎、財務諸表の基礎が理解できる、ビジネスパーソンのためのビジネスに役立つ会計知識を提供

決算書の基礎

決算書は「会社の成績表」です。  

決算書は「会社の成績表」と言えるもので、重要な経営情報です。
せっかくの経営情報も、読み方が分からないと宝の持ち腐れです。

また、決算書は過去の記録です。
したがって、決算書を見ても意味がない、将来の方が重要だと思うかもしれません。

しかし、そうではありません。
決算書は単なる過去の記録ではなく、そこに会社の問題点が表れます。
決算書を見ずに、今後の計画や将来の方針を立てることはできないのです。

したがって、決算書は今後の経営の羅針盤となるものなのです。

決算書の基本的な見方をマスターしましょう。

決算書とは?  

企業の一定期間(通常は1年間)の活動の成果を、決算書という形
にまとめることが決算です。

決算書を見るのは、株主・投資家、取引先、金融機関、従業員といった
様々な利害関係者(ステークホルダーともいいます)です。

決算書という言葉は通称で、法律により用語が異なります。
法律により定められている決算書には以下のものがあります。

会社法  

  • 目的 : 株主・債権者保護
  • 決算書の名称 : 計算書類
  • 計算書類の種類 : 貸借対照表損益計算書株主資本等変動計算

金融商品取引法  

  • 目的 : 一般投資家保護
  • 決算書の名称 : 財務諸表
  • 財務諸表の種類 : 貸借対照表損益計算書株主資本等変動計算書キャッシュ・フロー計算書

この他に、東京証券取引所に提出する「決算短信」があります。
「決算発表」と言われるのは、この決算短信のことです。

最近は、四半期決算も導入され、より短いサイクルで情報開示が行われるようになりました。

財務三表  

決算書のうち、いわゆる財務三表と言われているのは、貸借対照表損益計算書
キャッシュ・フロー計算書です。

貸借対照表は、会社の決算日時点の財産の状況を表します。
損益計算書は、1年間でどれだけ儲けたかを表します。
キャッシュ・フロー計算書は、1年間のキャッシュの流れを表します。

次に、財務三表について、個別に見ていきましょう。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional