決算書の基礎、財務諸表の基礎が理解できる、ビジネスパーソンのためのビジネスに役立つ会計知識を提供

安全性分析

安全性分析  

どれだけ支払能力があるかといった、企業の健全性を判断するための
貸借対照表中心の分析です。

安全性分析の主な指標としては、流動比率、自己資本比率などがあります。

安全性分析の指標  

  • 流動比率
    • 流動比率=流動資産/流動負債×100(%)
    • 1年以内に支払期限の到来する流動負債を流動資産でカバーできているかといった短期的な支払能力を示す指標です。
    • 通常、200%以上が望ましいとされています。
  • 当座比率
    • 当座比率=当座資産/流動負債×100(%)
    • 短期間で換金性の高い資産(当座資産)での支払能力を示す指標です。
    • 通常、100%以上が望ましいとされています。
  • 固定比率
    • 固定比率=固定資産/株主資本(自己資本)×100(%)
    • 長期にわたって運用する資産を、返済期限のない株主資本(自己資本)でどれだけカバーできているかといった長期的な安全性の指標です。
    • 通常、100 %以下であることが望ましいとされています。
  • 固定長期適合率
    • 固定長期適合率=固定資産/(固定負債+株主資本)×100(%)
    • 長期にわたって運用する資産を、長期的な負債と返済期限のない株主資本(自己資本)でどれだけカバーできているかといった長期的な安全性の指標です。
    • 通常、100 %以下であることが望ましいとされています。
  • 自己資本比率
    • 自己資本比率=自己資本/総資本×100(%)
    • 資金調達を返済期限のない株主資本でどれだけ行っているかといった安全性の指標です。
    • 安全性の面からは多ければ多いほどいいということになります。しかし、資本コストの面から考えると、必ずしもそうではありません。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional