決算書の基礎、財務諸表の基礎が理解できる、ビジネスパーソンのためのビジネスに役立つ会計知識を提供

キャッシュ・フロー計算書について

キャッシュ・フロー計算書  

キャッシュ・フロー計算書とは、一定期間(通常は1年間)のキャッシュの流れ(増減)を表すものです。

利益とキャッシュは異なり、黒字でも資金繰りが悪化して倒産することがありますので、キャッシュ・フロー計算書を理解することは重要になります。

  • キャッシュ・フロー計算書を利用するメリット
    • 恣意性が入る可能性のある利益よりも客観性があります。
    • 企業の生命線である資金繰りの状況が分かります。

したがって、企業の業績を測るものとしては、損益計算書と合わせて、
キャッシュ・フロー計算書も重要です。

キャッシュ・フロー計算書の構造  

キャッシュ・フロー計算書は、次の3つに区分されます。

  • 営業活動によるキャッシュ・フロー
    • 商品の販売やサービスの提供などの本業で稼いだ現金を表し、最も重要なキャッシュ・フローです。
  • 投資活動によるキャッシュ・フロー
    • 設備投資、有価証券などの取得や売却といった投資によるキャッシュ・フローを示します。
  • 財務活動によるキャッシュ・フロー
    • 借り入れの実行や返済、社債の発行や増資などによる収支を示します。

営業活動によるキャッシュ・フローと投資活動によるキャッシュ・フローを合わせて
フリーキャッシュ・フローといいます。

通常は、フリーキャッシュ・フローがプラスになるのが望ましい姿ですが、
多額の投資が必要な成長期には、フリーキャッシュ・フローがマイナスになることもあります。

powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional